ネイリスト検定を受けるには専門学校に通う必要がある

趣味を仕事に

手

ネイルの仕事をするためには専門学校に通う必要があります。ネイリストになるには資格取得が条件ですが、実際にサロンで働きながら通える専門学校もあるので利用すると良いです。そうすれば現場でのサロンワークもしっかり身につき、より素敵なネイリストを目指せます。

スクールを選ぼう

女性

ネイリストになれる名古屋のネイルスクールを選ぶには、カリキュラム内容を把握する必要があります。交通アクセスのよさだけで選ぶのではなく、スクールを見学してみるとよいでしょう。学校説明会に積極的に参加してください。

オススメリンク

  • NailScool Brille

    ネイルスクールを名古屋でお探しなら、こちらを見ておきましょう。技術を丁寧に教えてくれる学校をピックアップ中!
  • ヴィーナスアカデミー

    各コースからネイリストを目指すことができますよ。ネイルの専門学校をお探しなら、こちらを拝見しておくといいでしょう。
  • ネイル通信講座のススメ

    利用内容を調べておくことができるのでネイルの通信講座情報が知りたいと思っているなら、こちらからとなります。

知識と技術の証明に

女性

まずは3級を

ネイリストになるためには、資格が必ず必要であるというわけではありません。ただ、民間資格がいくつかあり、資格を取得することで、ネイルに関する知識と技術を持っていることの証明になります。そのことにより就職や転職のときに、有利に働くことがあります。日本ネイリスト検定試験センターが行うネイルの試験を、ネイリスト検定と呼びます。国際的に通用するネイリストの育成を目指す、この団体が主催している試験です。ネイリスト検定は、3級から1級まであり、各試験とも実技と筆記試験があります。3級はネイリストの基本的な技術や知識を、2級はサロンで働くことができるぐらいの技術や知識を、1級はトップレベルのネイリストとしての総合的な技術と知識を問われる内容となっています。受験資格は、義務教育を修了した人です。3級から試験に挑戦していきます。2級を受験するには3級合格者でなければなりませんし、1級を受験するには2級に合格している必要があります。筆記試験のみ合格した場合は、次回の試験で同級を受験するときに限り筆記試験が免除されます。2級と3級は年に4回、1級は年に3回あるので、スケジュールを組んで効率よく学習していくことがおすすめです。また、検定時のネイルアートは、モデルを自分で用意してその人の爪にアートします。実技試験対策には、時間配分を決めて、時間内にアートできるよう時間を計って練習するようにしましょう。ネイリスト検定対策のためのスクールや通信講座を利用して学習することがおすすめです。通信講座は費用が安く済むというメリットがありますが、添削サポートが充実していたり、スクーリングで実技を学べる講座を選ぶとなお良いです。

それぞれのメリット

手

講師から直接ネイル技術を学び、身につけられるのが通学して学ぶ名古屋のネイルスクールの大きな魅力です。ネイル技術を身につけるには、通学の他にも学費がお手頃な通信講座を受講してネイルを学ぶ方法もあります。